読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンサンムーンにおけるマンダマンムーの変更点や対策すべき新ポケモン【ネタバレ注意】

どうもシエルです、サンムーン(以下sm)が発売されて早くも1ヶ月経ちましたね、既にレートに潜ってる方、レートに向けての準備をしている方、のんびり楽しんでいる方などたくさんいらっしゃると思いますが今回はマンダマンムーがsmに入りどう変わったかを書いていきたいと思います。

※あくまでも僕の個人的な意見や感想なので参考程度にしてください

【変更点】

・まず最初に使えなくなった技です、smに入り教え技の廃止や技マシンの変更によりバンク解禁まで以下の技が使用不可能となりました

ボーマンダ

つめとぎ
やきつくす
ひみつのちから
いわくだき
いあいぎり
かいりき
アイアンテール
アクアテール
いびき
おいかぜ
ねっぷう
ハイパーボイス
げきりん


マンムー

アイアンヘッド
いびき
がむしゃら
だいちのちから
とおせんぼう
はたきおとす
ばかぢから
あなをほる
ひみつのちから
いわくだき
かいりき

この通りになります、各ポケモンで重要だった技をあげていくと

ボーマンダ

ハイパーボイス
げきりん
いびき

マンムー
ばかぢから
がむしゃら
はたきおとす

辺りになります、特にマンダのハイボ、マンムーの馬鹿力ですかね、意外だったのはマンダがげきりんを覚えないってことですかね、調べていてビックリしました(てっきりレベルで覚えると思ってた)

・この2体の種族値特性等の変更はありません、強いて言うならsmでは島スキャンしたポケモン夢特性が出ないので厚い脂肪マンムーが使えないという点ですね

・smよりメガシンカの仕様が変わり前作まではメガシンカしたターンはメガシンカ前の素早さ実数値でしたが今作からメガシンカしたターンからs上昇が反映されるようになりました
(例として前作まではルカリオガルーラ対面は同速勝負でしたがsmからはメガシンカしたターンからs上昇が反映されるためメガシンカしたターンからメガルカリオメガガルーラの上を取れる)

それによりボーマンダメガシンカ前のsの実数値が150以上であればメガシンカしたターンから最速ガブリアスを抜くことが出来ます、そのためより調整の幅が広がると思っております

・smからの仕様変更によりスカイスキンの火力アップ倍率が1.3倍から1.2倍にダウンしました、これにより今まで飛行(捨て身等のノーマル)技で確定ラインだったポケモンに確定が取れなくなる可能性があります、主はまだダメ計をしていないので気になるポケモンがいれば自分でダメ計するか、コメントで言ってくれれば追加致します

【対策すべき新ポケモン
※持ち物技構成等は
マンダ@メガ石意地AS 捨て身竜舞地震ドラクロ
マンムー@襷意地AS つららばりステロ地震
で考慮しています

・対策必須
テッカグヤ
アローラキュウコン

・対策しておきたいポケモン
カプ・コケコ
カプ・レヒレ
カプ・テテフ
フェローチェ

辺りですかね
ある程度回している人ならばテッカグヤキュウコンがきついのは言わずとも分かると思います

あまりないとは思いますがコケコはマジシャの一貫がありマンムーで受け出した際に草結びを打たれると死ぬので一応対策しておいて損は無いかと(むしろこの環境でコケコ対策をしないパーティはないと思うので書こうか悩みましたがマンマンだけでみるとなると多少きついので載せました)

フェローチェはマンムーの襷が潰れた時点でマンマンで見れなくなるので載せました(あの体で冷B打てるは反則)テテフと組ませているとより辛いです

カプ・テテフに関してはちょっと疑問を持つ人がいるかもしれませんがサイキネが受からない、メイン技を全て等倍以上で受けてしまう等の受け出しが効かない点で載せてみました。


・辛い新ポケモンをあげた中で個人的にほぼ全てを見れる(と思う)ポケモンが1匹います








そのポケモンギルガルドです

フェロテテフキュウコンのメイン技ほぼ半減で受けられコケコとも充分戦えます、テッカグヤが微妙なだけですかね

この3体ではテッカグヤ対策が微妙なのでテッカグヤに勝てるポケモン、そして流行りのギャラドスへの対策、ラストもう1枠のメガ枠って感じが今のところ僕の中での結論です

唐突な終わりで申し訳ないです><
結構雑であまり詳しく書けなかったので分からないことがあったらコメントか@gorilla_poke2(Twitter)までお願いします、それでは…